読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そもそもなぜEXILEなのかというおはなし。

EX 3JSB

ジャニーズの方々のファンを10年くらいやって。そのあと佐藤健くんをはじめとするアミューズのキラキラした俳優さんたちのファンになりました。5年くらい?その間もアミューズ以外の俳優さんだったりおじさんだったり、色んな人にキャーキャー言ってました。握手会に行ったり、舞台に行ったり。それでも結局俳優さんで。そんな私が今さらながらアーティスト、と呼ばれる人たちにはまりました。私を知る友達からしたら意外らしく、どうした!とか言われるので、ちょっとだけ振り返ってみる。はまっているのはEXILE TRIBEと呼ばれる方々です。EXILEと三代目J Soul BlothersとGENERATIONS。
物心ついたときからテレビっ子でミーハーだった私は、きっとEXILEっていうグループもずっと前から知っていたんだと思います。6人だったのが5人になり、7人になった時もニュースとしては知っていたけれど興味なんてありませんでした。『花より男子F』(2008)を観てAKIRAさんをかっこいいと思った記憶はありますが。
2009年3月1日。EXILEが倍増しました。いきなり14人になりました。多いな!と思ったけれど、それだけでした。ただ、TVっ子は深夜番組が大好きでした。今もだけれど。11月28日『EXH』というEXILEの番組を観た、んだと思います。新メンバー7人が自分のアピールポイントBEST3を発表する、というコーナーをたまたま見ていた私は、「おっちょこちょい」を「おっちょこちゃい」としか読めない字で書いてメンバーに総ツッコミされた(当時)KEIJIくんを見た時から、ゆるくKEIJIくんのファンでした。深夜番組は面白かったです。『EXH』も『EXILE GENERATION』も。2009年の年末の時点で、メンバー14人の顔と名前は一致していました。2009年末と言えば、Jr担だった時期でスノープリンス合唱団にきゃっきゃしていた頃です。懐かしい。そう思うと、私がKEIJIくんのファンである時間は、たけるさんのファンである時間よりも長いのです。もちろん濃さはたけるさんのファンの方が濃いですが。2013年、私は初めてKEIJIくんを生で見ました。12月1日のAct Against AIDSにTHE SECOND from EXILEが出ました。曲は全然知らなくて。でも初めて見たKEIJIくんのダンス、そしてSECONDのパフォーマンスは格好よかったです。曲終わりに軽くトークしていましたが、KEIJIくんだけ時間の都合かもしれませんが、スルーされたことは結構ショックでした。仕方ないのかもしれないけれど。
2013年末の紅白歌合戦。パフォーマーのHIROさんが勇退しました。そして2014年4月27日。EXILEに新メンバーが5人加入しました。そのうち3人はもともと三代目JSBやGENERATIONSで活躍している人たちでした。三代目JSBにもGENEにもそれほど興味はないけれど、メンディーとあらんは知っていました。メンディーは2013年3月30日のオールスター感謝祭で知りました。あらんは2012年7月クールの『GTO』。で、EXILEは何人になったの?19人?で、実際にパフォーマンスするのは18人…?多いな!と思いました。それだけです。
そして私はようやく三代目JSBに出会います。EXILEとの兼任のNAOTOさんとNAOKIさんしかわからず、FNS歌謡祭とかでよく借り出されている人たち、の印象が強くて、曲も「花火」くらいしか知らなかったけれど、この夏、「R.Y.U.S.E.I」という曲を好きになりました。Mステとか、夏の長丁場の歌番組で聞いてとても楽しかったです。MVも好きです。そしてEXILEの新メンバーになったがんちゃんも覚えました。8月。『ホットロード』という映画を観ました。2012年に『グッモーエビアン!』という映画を観て、よし!能年ちゃんのファンになろう、と思った私はもちろん『あまちゃん』も全話みました。大ヒットした『あまちゃん』の次に彼女が選んだ作品が『ホットロード』で。原作も知らないけれど、ただただ能年ちゃんがみたい!というモチベーションで観に行きました。番宣も能年ちゃんが出たバラエティーはほとんど見ました。そんな『ホットロード』で能年ちゃんの相手役をやっていたのが、三代目JSBのボーカル、登坂広臣くんでした。名前の読み方も映画の番宣で知ったようなものです。映画が終わって、友達に「おみくんかっこよかった」とラインしました。単純なものです。
8月31日。『堂本兄弟』のゲストがEXILE TRIBEからUSAさん、TAKAHIRO、啓司くん(改名した)、がんちゃん、あらんの5人でした。この日、私は母親とディズニーランドに行っていてホテルにいたのですが、こういう番組に啓司くんが出るのはなかなか珍しい気がして楽しく見ていました。もちろん家で録画もしていましたが。王子様キャラだと言われていたがんちゃんっていいキャラだな…と思ったり、いじられてるあらんかわいい…と思ったりしましたが、「気になる女性にどうアプローチしますか?」という問いに「ガンガン口説きます」と返した啓司くんにかっこいい!となったらもう終わりでした。そこから、深夜にやっている『週刊EXILE』や『EXILEカジノ』を見始めました。カジノが面白かったです。色々調べたりした結果、三代目JSBとgeneと、兼任ではない新メンバー2人の顔と名前が一致しました。つまり、"自分革命"という歌詞で巷をざわつかせた『THE REVOLUTION』という曲を歌っているEXILE TRIBEのメンバー、26人の顔と名前が一致したことになります。


さて、ここまでは全てきっかけのお話です。なぜ私がモバイルサイトに入ったり、雑誌「月刊EXILE」を買うようになったり、CDを買うようになったのか。それは色々とタイミングがあったのです。
たけるさんのファンとして、9月13日に『るろうに剣心 伝説の最期編』の初日舞台挨拶に行きました。映画は本当に素晴らしかったです。ああ、たけるさんのファンでよかったな、と思いました。ただ、劇中と上映後の舞台挨拶のたけるさんを見て、おみくんに似てる…?と思ってしまった部分がありました。おみくんがたけるさんに似てる、ではなく、たけるさんがおみくんに似てる。たけるさんを観に行っているのに後者が思い浮かんでしまったと気付いた時にはびっくりしました。そして、満足してしまった部分があります。もしかしたらこれ以上、満足できる作品に出会うことはないのかもしれない、と。ここに関してはまだ結論は出ていませんが、いわゆる「殿堂入り」になる日が遠くないんだと思います。
そして私はTEAM NACSが好きです。その中でも戸次さんが好きです。楽しそうな戸次さんが好きです。ただ、時々それはどうなの?と思うような言動も見え隠れするのは確かです。9月のある日、ブログにちょっとそれは…と思うような文章が載り、それを取消し、お詫びの文が載りました。その一件で少し熱が冷めてしまった部分があります。
更に、私はフジテレビの中村光宏アナウンサーのファンです。2006年、深夜番組で泥酔した中村アナを見た時にファンになりました。そんな中村アナが9月末、同業者の生野アナと結婚しました。ちょっとした失恋を味わいました。

様々な方向に向いていた好き、という気持ちが、それぞれにきっかけがあり、少しずつ行き場を無くしていたところに出会ったのがEXILE TRIBEだったわけです。一気に「好き」が加速して、ころがり落ちていきました。三代目が『C.O.S.M.O.S~秋桜~』のリリースを控えていたことで露出があったり、めちゃイケでのオカザイルがあったことも一因ですが。本体で一番好きなのは啓司くんです。三代目だとおみくんです。geneだとれおがかわいいです。でも皆好きです。
ということで、私はEXILE TRIBEのファンになりました。色々あってあの人たちのファンと若手俳優のファンがあまり相容れなかったりすると思うのでTwitterをわけてみましたが、ブログも分けてみることにしました。いつまで続くかはわかりませんが、もう少しファンでいたいなと思います。