読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからの道がきまったかな、というお話。

三代目j Soul Brothers初の単独ライブツアー「BLUE PLANET」が幕を閉じました。同時に最高に楽しくて幸せだった半年間が幕を閉じました。今の気持ちを、ばーっと書きたいんだ、わたし。
ほんっとうに幸せだった。毎回毎回3時間強、幸せをもらっていました。彼らに会えるから頑張れて、彼らに会えたから頑張れた。あの空間が大好きで幸せで愛しかった。9公演。いろんな方向から見れたのも楽しかったよ。こんな経験できるんだな、と。1塁側、3塁側、センター。天井も最前も、アリーナも経験できた。全体を見れるときはレーザー光線やLEDをつかった演出に感動したし、近くでメンバーを見れたときは煽ってくれるのが本当に嬉しかった。
おみさんが好きだなぁ、から始まったときは、まさかこんなに彼らを取り巻く全てをまるごと好きになるなんて思ってなかったよ。
今日の最終公演。本当に素晴らしかった。わたしは結局おみさんが好きだから、おみさんを中心にしか見れないんだけれど。STORM RIDERSでおみさんが手を伸ばしてりゅーじくんとタッチするところとかGo My Wayでりゅーじくんとハイタッチするところとか。がんちゃんのことを本当に可愛がってる姿とか、OMILYの煽りとか。メンバーと絡むおみさんを見るたびに、ああ、彼はメンバーのことが好きなんだな、と実感できる。直人さんがMCで「僕らメンバー同士の絆も深まった」って言っていて。わたしは元々ジャニヲタだから。シンメ厨でライバル厨で背中合わせ厨で、仲良きことは美しきかな、と思っているから、おみさんとりゅーじくんの関係性と、三代目の仲の良さがたまらない。
このライブを通してりゅーじくんの喉の調子が気になることが何度かあったのね。それを補うようにおみさんの歌がぐんぐん良くなっていって。でも、ライブの中盤からそれを追い越して突き放すように歌うりゅーじくんと、食い下がるおみさん、みたいに思える瞬間が何度もあった。おみさんが自分の本でりゅーじくんの事を「運命の人」だと言っていたけれど、それを実感できるライブだったなと思ってる。
今日はおみさんのテンションも超高くて。おみさんだけじゃなくて、りゅーじくんもパフォーマーたちもすごく気合が入っていたように思ってる。だから、今日泣けてしかたなかったんだよね、わたし。おみさんとりゅーじくんのソロが響いて仕方なかった。Powder Snowからのバラードが本当に素晴らしかった。PRIDEでおみさんが「一人じゃないから」という部分を「僕らがいるから」って言った瞬間も泣けた。終わりに近づくにつれ切なくて。最後の「R.Y.U.S.E.I.」でおみさんが感極まってるの見たらもう泣けちゃった。そして、今日のMCでりゅーじくんが自分で喉の調子がよくなかったって言っていて。助けてくれたメンバーのことを愛してるって言っていた。泣きながらそれを言う姿に、もらい泣きしてたら、おみさんが「もらっちゃうからやめてくれる?」って笑ってて。でも最後のStarting Overでは声を震わせながら歌うりゅーじくんにつられるようにおみさんも泣いてたね。最後の二人が向かい合ってハモる部分、そして前に向き直る瞬間が大好きです。今日は特にやわらかかった。雰囲気がやわらかかった。
LOVE&DREAM、Hapiness。彼らが謳っているもの。メンバーのことを愛してるって口にするのもすごいし、きちんとこちらのことを考えてくれてるのも伝わってるよ。DREAM。夢って叶うんだなって思ったっておみさんが、りゅーじくんが、皆が口にしていたけれど。体現してくれる彼らのことが大好きです。Hapiness。幸せをもらってばっかだな。好きになってよかった、って本当に思ってる。

昨日おみさんが言っていたの。「一緒に夢を叶えませんか?」。今日は「お互い成長して最高者同士でまた会う約束をしませんか?」。おみさんのそういうところ、本当に好きです。それを聞いて、改めて、わたしはこの人たちを追いかけていきたいと思ったよ。たぶんね、わたしの中で道が決まった気がしたよ。彼らのことが好きです。飽きる日来るのかな。飽きる日が来るまで本当に追いかけて行きたいよ。これからどんな景色を見せてくれるんだろう。楽しみで仕方ないのです。

21日からドラマが始まります。31日はPKCZのハロウィンライブ。誰が出るかなんて知らないけど、OMILY出るんじゃないの?とは思ってます(笑)。11月22日はドリフェス。DVDも写真集も出るね。来年はドキュメンタリー映画があるし、ハイローの映画もあるしライブツアーもあるね。たぶんもう一年もあっという間にすぎてくね。きっと好きなまま過ぎてくよ。

好きになって一年とちょっと。毎日が幸せで幸せでたまりません。